海外の挙式にかかる費用

憧れの海外ウエディング、お金はいくらかかるの?

挙式費用の総額、内訳、オプションの費用、その相場を教えます!

海外挙式といえば、きれいな景色を開放感のある会場で楽しそうに式をあげている様子が目に浮かびますよね。 しかし、実際に結婚式を行うとなると細かいことまで知りたいと思いますよね。 そこで、今回は海外挙式をメリット、デメリットに分けて詳しくご説明したいと思います。

挙式費用、その総額と内訳

結婚式を挙げようと考えている方の中で、漠然と海外でやってみたいなと思っている方は多いのではないでしょうか? しかし、ただでさえお金がかかるイメージのある結婚式を海外で挙げるとなると、費用はどうなるのか、イメージするのは難しいですよね。 全部でいくらになるのか、相場を紹介していきます。

海外挙式のメリット、デメリット

結婚式、それは大切な人との思い出になるイベントですよね。
そのため、どんな場所で式を挙げるか、どんな演出にするかなどの悩みはつきません。
現在、結婚式の形態は様々で、ひとりひとり思い描く式は違ったものかもしれません。
その中の選択肢として海外挙式を夢見る人も多いのではないのでしょうか?
挙式を挙げるにはどうしてもお金が必要になります。
例えば、料理や飲み物、衣装やヘアメイク、演出や写真、会場費など様々なものにお金がかかります。
せっかくの結婚式なのですから、美味しい料理や飲み物で招待した人たちをもてなし、きれいな衣装を着て思い出に残る演出をしたいですよね。

では、そのような挙式にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?
国内挙式の場合、その総額はゲストの人数×5~6万円と言われています。
つまり、60人招待すると300万~360万円かかるという計算になります。
国内での挙式だけでこんなに費用がかかるとなると、いくら憧れの海外ウエディングといっても、費用がよりかかるのでは・・・と尻込みしてしまいますよね。

でも、漠然とお金がかかりそう、と思っただけで諦めてしまうのはもったいない!!
そこで、この記事では、総額だけではなく、その内訳やオプション(写真撮影やフラワーシャワーの演出など)にかかる費用まで詳しくご紹介します。
少しでも、海外で挙式を挙げようと考えている人がいたら、この記事を見て参考にしてもらえたら嬉しいです。

オプション、海外挙式のポイント

挙式を挙げる際には、思い出に残る式にしたいとこだわりが出てきますよね。 そういう時、オプションをつけることで、より演出の凝った式にすることができます。 海外ではどんなオプションがあるのかご紹介したいと思います。 また、海外挙式を挙げる時にチェックしておきたいポイントがありますので、それを紹介していきます。

TOPへ戻る